中絶の結果とケア

医師

中絶手術を、選択するというのは女性としても非常に心苦しい物があるでしょう。中絶手術を、行った結果女性の身体だけに影響があるわけではなく、心にも非常に大きな影響を与えてしまうのが中絶手術です。どのような、理由ややむをえない事情であれ中絶手術を行う場合全くリスクが無いわけではないことを女性自身把握する必要があります。中絶手術を、行なうには法律上母体の健康上の理由で生むことが出来ない場合や経済的な問題で埋めない場合にに限り認められています。また、犯罪に巻き込まれて妊娠してしまった場合などもあたります。中絶の手術を受けることが出来る期間が決まっています。妊娠21週目までが中絶を行なうことの出来る期間です。それを、超える場合中絶を申し出ても方では認められていません。医療上の理由で母体の命にかかわる場合や速やかな処置が必要な場合は行なうことはありますが、胎児が生きていくことが可能であれば胎児も救出する方向で勧められます。

様々な理由により、中絶を行なう女性がいます。如何なる理由が合っても中絶手術で起きてしまう心と体の影響は大きなものです。まずは、身体に起きてしまう影響は中絶手術によってホルモンのバランスが乱れてしまう可能性が少なからずあります。それにより月経不順などが起きてしまう場合もあります。また、初期中絶手術の吸引などによって子宮を傷つけてしまったり、薬剤により子宮を拡張するので以後妊娠してしまった場合、流産や早産などをしやすくなってしまう場合もあり様々な影響を今後与えてしまいます。

心の影響も非常に大きなものです。中絶を行って身体の影響よりも心への影響が色濃くでてしまうケースもあります。中絶手術により、自身の身体に宿った命を奪ってしまう罪悪感などからストレスとして、女性に長く残ってしまうケースも少なくはありません。中絶手術は、女性にとって様々な変化をもたらすため、パートナーとのしっかりと話した上で行う必要があります。中絶手術を行った後も、しっかりとケアやパートナーの支えが必要となります。