安易な考え

診察

日本では、中絶手術を合法としているので、安易に中絶を考える人が増えています。しかし、母体には大きなダメージを与えるので、妊娠しにくい体になる可能性もあります。将来の事を考えて、日頃から出来る事をしましょう。

中絶手術の内容

美人な女性

初期中絶は、かかる費用も高くなく手術の時間も短いため身体に掛かる負担も軽いです。しかし、中期になると人工的な陣痛を起こしたりと費用も身体に掛かる負担も高くなってしまいます。

中絶の結果とケア

医師

中絶手術は、女性の身体にとって非常に大きな負担があります。身体だけでなく心にも大きな影響を与えるので中絶を行う場合パートナーとのしっかりとした相談の上行う必要があります。

医者と婦人

中絶手術の種類

女医

中絶を東京で行う際は、此方のクリニックを利用しませんか?豊富な実績があるクリニックなので安心して、手術を受ける事が出来ます。

中絶手術とは、様々な理由で妊娠してしまった胎児を育成できない場合に、人工的な方法で胎児を流産させることを言います。中絶手術は、いつでも出来るというわけではありません。可能な時期を超えると産まなくてはなりません。中絶をする場合よくよく考える必要があります。中絶手術を、受けることが可能な時期は妊娠21週の6日までと、法律では義務付けられています。21週を超えてしまうと法律違反になり犯罪になってしまうからです。中絶手術が可能なのは21週目までですが、中絶手術にも大きく分けて2種類の時期が存在します。

中絶手術が、可能な時期は大きく分けて初期中絶手術と中期中絶手術というものが存在します。初期中絶手術とは、妊娠5週目から11週目までに時期に行なう手術です。初期中絶手術は、手術の時間が5分から20分と非常に短く、中絶手術費用も安く行えうことができます。加えて、手術時間も短いため女性の身体に係る負担も少なく安全に施術を行なうことが可能です。中絶手術を、どうしてもする必要がある場合は初期段階で行うことによって、身体にも金額的に安全で低価で行なうことが出来ます。

もう一つの、中期中絶手術は妊娠12週目から21週目までのことを指します。この手術は、非常に大掛かりな手術となります。理由として胎児が、成長しているため大掛かりになってしまい中期中絶手術を執り行っているクリニックも数が限られていると言われています。